2021.1.13 「宇宙事象」vol.660

 

皆さまこんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?
寒いですね。
皆さまの所は雪は大丈夫でしたか?
当地は昨日朝少し積もりましたが、お昼には雨に変わりました。
天気予報を見ると、今後は少し寒さが落ち着きそうで、ピークは越えたのかな?なんても思うのですが、まだ大寒波来るのでしょうか。
気になるのは、先日、成層圏突然昇温(成層圏で突然気温が上昇する現象)が発生したらしく、これが起きるとジェット気流や極渦の影響で大寒波が到来するらしいのです。
2018年も同様の現象が起き、大寒波が長期間欧州を襲いました。
イギリス気象庁は1月中旬以降、70%の確率で厳しい寒さとなるとの予想を発表していますが、日本にもその影響があるかはわかりません。
2018年の時は、1月は大雪が降った記憶がありますが、2月に大寒波が来た記憶はないのですが、どうだったでしょうか?
それにしても、何度もこの話題をしていますが、12月頃からのお上さんからの準備の促しはやはり大雪への備えだったのではないかと思ってしまうほど、タイミングぴったりで、有難いものとなりました。
しかし、その後も何度聞いても、コロナのことが今後酷くなるからと言われるんです。
ウイルスが強毒化するのかなとも思いますし、やはりそれに付随する事象について日に日に注意が強くなってきています。
ですので、相当厳しい状況になるのかな?なんて感じています。
昨日ビルゲイツと菅首相が電話で会談したとのニュースがありましたが、すごい取引ですよね。
ワクチンの売れ行きがあまりよくないのでしょうね、わざわざ本人が電話して営業してくるくらいですから。
内容はニュースサイトでぜひ読んでいただきたいのですが、要は、東京オリンピックやりたいなら金を出せと私にはそのように見えました。
日本はすでにアビガンで出し抜かれていますから、日本の拝金主義の支配層の方々はこれを機にもう少し身の振り方を考えていただきたいと真に願います。

ツイッターの方でアメリカで大きな動きがありそうと書きましたが、リーディングではまだその時ではないと示されました。
大雪もそうですが、アメリカで有事があれば日本にもその影響があるでしょうし、上からの準備や警告はそういったことも含めた上での国内のコロナ惨状に対してなのかもしれません。
さて、アメリカの件ですが、どうなるでしょうね。
議員の逮捕が始まるなら、日本でもあるでしょうし、注意深く見ているのですけど、停電になるとかならないとか、ネットが繋がらなくなるとか。
もう何度か書いていると思いますが、私はアメリカを動かしているのは一つだと思っていますから、例えば、共和党にお金出しているのも民主党にお金出しているのも、トランプ氏に大統領をさせたのも、その選挙システムや政治システム、党を作って戦わせているのも、結局のところ、全て大元は同じとこ。
だから全てが計画通りに進んでいるのではないかなと思っています。
アメリカ及び世界を動かしている支配者たちは経済関係なくこの地球上で生きていけるし、もっとその上は地球への転生すら操れる存在です。
なので、この肉体をまとって経済システムの中に生きている地球人ごときが敵う相手ではないと思っています。
NESARA GESARAというワードを久しぶりに見かけましたが、それもこれから行われるグレートリセットの計画の一つであるように思います。
一部の人間が少しづつ気づき始めていますので、反発が起きないように綿密に練られているように見えます。
社会システムを変えられるほどの権力者ではない多くの人々にとっては、全体的なことはもうなるようにしかならないのかなと考えています。
今後も混沌が続くと思いますが、各々の人生は意識によってどうにでもなるようです。
そのためにはまず基本は霊的エネルギーを高めること。
霊主体従を目指しましょう。
世の中の総体的な事象は自然災害にしても情勢にしても今回のパンデミックにしてもそうですが、混乱が激しくなっていきますが、その中で平和に幸せに生きることも十分可能だということです。
以前からずっと書いていますが、それらを作り出しているものから、身も心も離れる、離脱することも重要です。
彼らが人類をコントロールするために洗脳するために使っている手法から距離を置いたり、離れましょう。
そして自ら楽しくハッピーに暮らすことです。

さて、地球は転生すら操れる存在に支配されていると先述しました。
ここ最近の宇宙についてのリーディングによると、それらはまだ地球もしくは地球の周辺に存在しているそうです。
何度かこのメルマガに書いてきましたが、地球人がそれらを撤退させることは不可能に近いです。
いや、本当は多くの人間が気づき、行動すればそれは可能なのですがほとんどの人間が気づいていないので今すぐには無理なようです。
しかし、宇宙や宇宙人ならそれが可能です。
先日地球と宇宙についてお上さんに質問した時、ある星の映像が目の前に送られてきました。
その星は赤いプラズマのような炎に包まれている星でした。
私たちがよく見かける星の中ではその様相は太陽に似ていますが、太陽とは色も雰囲気も大きく違いました。
その星は私たちの知るベテルギウスだそうです。
この星は幾度となくフレアのような現象を通して地球へエネルギーを送っているそうです。
現在地球はそれらのエネルギーを受け入れるべく磁場を緩めています。
また、磁場が弱まることで、支配者が行っていた磁場にネガティブなエネルギーを捉えさせて作る地球の壁が弱体化します。
昨年、ベテルギウスが急激に暗くなったという観測報告がありましたが、それはベテルギウスが地球に送る進化を促すエネルギーを好ましく思わない今の地球支配者(宇宙存在)が阻止しようと何かシールドのようなものを仕掛けたそうです。
しかし、それは意味をなさなかったようで、解決済みだそうです。
私はもしかしたらベテルギウスはもう爆発して、星自体が無くなっているのではないかと思っていましたが、ベテルギウスはなくならないそうです。
オリオン座は地球創生と深い繋がりがあります。
その繋がりについては今度詳しく教えてくれるそうですので、そしたらまた書きますね。
そして、近々、地球に向けて大きなエネルギーの送信があるそうです。
地球の波動を徐々に変えて進化を促すためです。
地球の振動数も変化するようですが、人類の肉体にも直接影響があるようです。
また、その地球の変化に相応する魂を宿した肉体は変化に対応していきますが、そうではない肉体は別の方向へ向かっていくようです。
今回のリーディングは私にとっても少し難しくて、まだまだ後続がありそうですし、すぐに目に見えた結果が出るような内容ではなさそうですので、今後もお上さんのお話をじっくり聞きながらまとめていこうと思います。
ちなみに、先日、米情報機関のUFO情報を半年以内に議会提出を要求というニュースが出ていました。
国家情報長官と国防長官は、およそ半年以内に「未確認航空現象」に関する非機密扱いの報告書を連邦議会の情報軍事委員会に提出する必要があるとのことです。
ディスクロージャー的な雰囲気が漂っていますが、バイデン氏がこのまま大統領に就任したらそれもまた有耶無耶になりそうですね。
お上さんが言うには、近い時期(たぶん年内)には地球外生命体との公のコンタクトはないだろうとのことです。
国の隠された機関や、チャネラーとの個別のコンタクトは引き続きあるそうです。
今日は以上です。
少し寒さが落ち着きそうですが、体調崩さないようにお気を付けくださいね。
それではまたお会いしましょう☆彡

with love,
リャンティ
 
 
ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ
いつもありがとうございます。
リャンティマガジンは皆様のあたたかいご協力により
運営させて頂いております。
ご支援のカンパはこちらによろしくお願い致します。
***投げ銭箱***
また、ショップからご寄付頂けなくなりました(´;ω;`)ウゥゥ
大変恐縮ですが、銀行振込み、もしくはペイペイでご支援くださるとありがたいです<(_ _)>
今後ともよろしくお願い申し上げます。
ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ
 

カテゴリー: コラム・日々雑感, スピリチュアル, 予知・預言・リーディング・メッセージ, 宇宙・宇宙人, 霊主体従 パーマリンク