2017.3.27 「波動療法」vol.417


 

皆さまこんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?
世の中はすごいですね~、というか、国会がすごいですね。
ネット中継を見ていると心が苦しくなってくるので長時間見れませんが、人間の利己が最優先される展開ではなく、宇宙的な流れになってほしいですね。
ツイッターの方でもたくさんツイートやリツイートしましたが、安倍昭恵さん、たまにスピリチュアルな発言をしてきたそうですので、もう少しいまともな心あるご対応をされるかと期待していましたがそうではないようです。
今回のこと、安倍夫妻には政治家としては残念な展開ですが、人間としては成長するチャンスを与えられていると私は思います。
これを機にぜひ心を清めて、政治家としてではなく、魂の宿る一人間として飛躍して頂きたいです。
私もがんばります。

さて、本題にいく前に地震のお話をしておかなければいけませんね。
あと数日で3月が終わろうとしていますが、このまま大震災はなく終わってくれると良いですが、半ばくらいに一度お上に聞いてみたんです。
近いうちに大きな地震は本当に来るのでしょうか?と。
答えは「信じなさい」のみでした。
昨日ちょっと聞きなれない震源地でM5.3の地震がありました。
四国海盆という場所で震源の深さは543.8kmです。
この地震はかなり意味があるそうです。
今月は国内での南海トラフ地震についての報道が異常でしたし、何なんでしょうね。
北朝鮮がもう間もなく核実験を行うであろうと報道されていましたが、こういった話が出てくると世の中がざわめくので地震含めて注意したいところです。
また、今回は共謀罪なんちゃらありますので国内で有事があるかもしれません。
一応直近では3月28日は注意するよう言われています。

さてさて、今日の本題です。
今日は、波動療法という題名ですが、波動療法と聞くとまず思い浮かべるのは特殊な機械を使って波動を変換するような療法を考えてしまいます。
というか、その機械装置を使用して周波数を変えることを波動療法というのですよね、きっと。
私が今日お話ししたいことはこの機械のことではなくてですね、近頃無性に感じることです。
それは、自分の持つ波動、またそれを通してもっと奥にある魂に響く三次元物質の波動を受けた時、それが肉体や精神、この次元での生命の営みに反映する力が大きくなってきていると感じています。
もっと簡単に言うと、波動に語りかける「物」の効果が大きくなってきている、のではないかと感じているんです。
それは様々なものがあると思います。
例えば私がその最近強く感じる物としてアロマやお香などの植物の力を頂くものであったり、方法であったり、自分のお気に入りの物、所謂わくわくするもの、また作り手の優しさなど良いエネルギーを感じる素材やデザインでできているものなど。
これらはほんの一例ですがそういった物質の波動が自分に影響する力が増大していて、また、その波動を受けた後、自分の物理的な三次元世界に反映されるのが早くなったというか。
しかしその反対も然りです。
自分の波動を下げるような物、物質的に波動の低いもの、また作り手の思念の波動が低いもの、その物の目的の波動が低いものなどが自分に与える影響が大きくなってきたなと。
例えばですね、私にとって波動を下げられるもので「たばこ」があります。
昔はたばこの煙の中にある程度長い時間居ると具合が悪くなったりしていたのですが、今は、たばこを手に持っている人とすれ違っただけで吐き気がするほど気持ち悪くなります。
あと、先述の国会の中継もそうです。
前は半ば霊視しながら見ているのが楽しかったですが、今は5分見たら限界です。
経過や結果はネットのニュース記事で十分といった感じです。
また、私はテレビを持っていないのでもう長らくテレビは見ていませんが、テレビの波動が低く悪いことは皆さまもご存じではないかと思います。
電気店などに行ってテレビが目に入り音が聞こえてしまうと異様な気持ちになるのは前からであり今もですが、YouTube、私は好きでしたが、これも何かそういった低波動化する細工をされているのですかね?
最近好きな動画であっても楽しくても、見ていると気持ち悪くなったり、気持ちが落ち着かなくなったり不安定になったりします。
ま、このようなことなのですけれど、悪い方の例を多く書いてしまいましたが、言うなれば、ちょっと体調不良になった時に高波動の物ですぐに治せるようになってきたんです。
何度かお話したことあると思いますが、私は自分の体調不良を遠赤外線に当たって治す時があります。
その当たる時間も大幅に短くなった。
すごく波動中心の生き方になってきたというか、もしかしたらこれこそが「霊主体従」の本質なのかもしれません。
もし人類全体がこの方向へ進み、もっともっとその力を大きく強く感じられるようになっていったら今の西洋医学を基とした現代医療はほとんど崩壊するのではないかなと感じました。
医療というものが根本から変わっていく。みたいな。
「医療」というより、「癒し」になっていくのですかね。
最近強く思うことは、私はもう何年も病院に行っていませんが病院に行くと、その病状にもよりますが、大体初診は数十分ですよね。
何か検査するとなったら数時間を要するかもしれませんが。
病気ってなるのに何日も何か月も何年もかかっていると思うんです。
それを数分、数時間で判断して薬でもしくは手術などで治すって何かおかしく感じるし、根治しない気がする。
霊主体従の世界にどんどんなっていって、もし私が今でいう医者的な役割を担ったとするなら、たぶん来訪者(患者)さんと少なくとも一日以上は一緒にいて診断すると思うんです。
まず、その方がどんな考え方を持っているか、どんな生活をしているか、生活環境も。
もしかしたら霊的な診断として家族のこととか身内のことも診なければいけないかもしれません。
そしてまず五感に働きかける処置をして、食事からのアプローチ、霊的アプローチ、他諸々をする必要があると思うんです。
そして、自宅に帰ってからも生活で心掛けることをまとめて実行してもらう。
自分だけですとまたぶれてしまいますので定期的に通ってもらったり。
そういう心がけをしないと病気って治らないと思うんですよね。
負のカルマもなくしていかないと。
そう考えると、現代医療って良い部分もあると思いますが、とても短絡的で恐ろしく感じます。
早く美しくて優しい世界にならないかなぁ。
と感じる今日この頃でした。

今週も皆さまにとって意義のある素晴らしい1週間になりますように。
それでは今日はこの辺で。
またお会いしましょう☆彡

with love,
リャンティ

 

 
 
ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ
いつもありがとうございます。
リャンティマガジンは皆様のあたたかいご協力により
運営させて頂いております。
ご支援のカンパはこちらによろしくお願い致します。
***投げ銭箱***
また、ショップからでもご寄付頂けるようになりました!
リャンティのお守りショップThanks and Love
今後ともよろしくお願い申し上げます。
ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ
 

カテゴリー: コラム・日々雑感, スピリチュアル, リャンティ流健康法, 予知・預言・リーディング・メッセージ, 霊主体従 パーマリンク